ホワイトニングとその仕組みについて ○1

ホワイトニングとは、歯自体を白くする技術です。歯の表面に付着した色素だけではなく、歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げるのです。ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された画期的な技術で、現在も多くの人々がその施術を受けています。施術方法は簡単です。まず歯の表面の汚れを落とし、ペルオキサイドという専用のホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。次にハロゲンライトやレーザーなどを当て、ホワイトニング剤を活性化させるのです。こうすることにより、歯の中にある色素が分解されます。この仕組みのため従来ホワイトニングはブリーチングと呼ばれていました。しかし髪の毛や衣類の漂白を連想させるため、ホワイトニングと呼称が変えられたのです。この画期的な技術が誕生するまでは、歯を白くするためには表面を削ったりセラミックをかぶせるしかありませんでした。

リンク